風俗の面接について解説!風俗バイトの採用率や面接必勝法などについて説明します

この記事では、風俗バイトの面接について解説します。

風俗の面接はほぼ年齢と見た目、最低限のコミュ力で決まる

最初に結論から言うと、一部の高級店を除いて風俗の面接はほぼ年齢と見た目、最低限のコミュ力で決まります。この中で最も大事なのがスタイルや外見などの見た目です。

風俗バイトは普通のアルバイトとは違って志望動機や職歴などを聞かれることはありません(いくら稼ぎたいのか目標金額を聞かれることはあります)。

風俗経験があれば講習などが免除になることはあっても合格率が上がることはあまりないです。

もちろん、風俗バイトも客商売なので最低限の常識やコミュ力は必要です。ただ、普通のコンビニ店員や飲食店でバイトした経験がある方であれば全く問題ないレベルです。

遅刻してきたり態度が悪かったり明らかにやる気ないなど、スタッフに「この子にはうちの店で働けない」と思われたら面接で落とされるのは当たり前ですが、人間として必要最低限の常識があり、お店が求める外見をクリアしていれば風俗の面接には合格できるでしょう。

年齢がネックになることも

風俗の採用で見た目の次に重視されているのは年齢です。見た目年齢が若ければ採用されることもありますが、基本的に18歳~30歳前後の女性しか面接に合格できない風俗店も多いです。

こればかりはお客さんのニーズが関係するため仕方ない部分があります。

実際、風俗キャスト(風俗嬢)が一番稼げる年齢は18歳~24歳ぐらいだといわれています。

20代前半の女性しか採用していない風俗店もあるため、年齢が理由で面接に落ちる可能性も大いにあるのです。

特に求人サイトなどに年齢が「18歳以上の女性」「18歳~30歳ぐらいまでの女性」などと書かれていても実際には18歳~23歳までしか採用していないお店もあるため注意しましょう。面接の前の段階でLINEなどで聞いておくのがベストです。

風俗の面接の採用率は意外と低い

 

実は、風俗の面接の採用率は意外と低いです。風俗の面接の採用率は、料金が高いほど低くなります。高級ソープや高級デリヘルの採用率は2~3パーセント程度といわれており、100人女の子が応募してきても97人が面接で落とされます。

いわゆるスタンダード店と言われているデリヘルやソープなどでも採用率はそこまで高くなく、20%前後だといわれています。このため、風俗の面接で落とされることは普通にあることですし、Aという店がダメでもBという店の面接を受けたら合格することもあるのであまり気にしないようにしましょう。

最後に、値段が安い激安店や人妻風俗などは採用率が非常に高いです。中には求人広告に採用率99%と書かれていることもあります。もちろん本当に誰でも採用しているわけではありませんが、こういったお店は容姿やスタイルに自信がない方でも面接に合格できるようです。

 

風俗の面接と採用の流れ

風俗の面接の流れについて説明します。

 

応募~面接日程

最初に求人サイトなどから風俗店に応募すると面接のスケジュールを決めます。面接の場所は風俗店であったり、近所の喫茶店などの場合もあります。個人経営のデリヘルなどは車内で面接をすることもあります。

求人サイトから応募しても全く応答がないことがあるため、そういったときは別のお店に応募するか何度も応募してみましょう。

面接~採用

面接日には必ず遅刻しないように5分ぐらい前に集合しているのが理想です。風俗の面接では外見が重視されるため、面接が始まったときに合否が決まっていることがほとんどです。面接内容はお仕事の流れと、うちはこういうお店だけど大丈夫か?という意思確認と仕事内容の説明が多いです。

面接の合否はその場で知らされることが多く、即日体入できる風俗店もあります。

 

風俗の面接で合格するコツ

風俗の面接で合格するコツを紹介します。

 

ダイエットする

まず、風俗の面接で合格する最大のコツはダイエットすることです。多くの風俗店では女の子のスタイルが重視されており、太っている子は採用されない可能性が高いです。中には面接時に体重計に乗せられ、オーバーしたら保証がもらえない風俗店もあります。

そこで、面接当日までにダイエットしてスタイルを良くしておくと、風俗の面接に合格できる可能性が高まります。風俗業界ではスペックという用語が使われており、身長-体重が100~110前後の女性が理想とされています。特に110前後あれば高級店にも合格できるのでスタイルをよく保つことが重要です。ただ、太っている方でもぽっちゃり風俗や巨乳風俗などの面接に行けば逆に体型が武器になりますし、激安風俗ならスペックはあまり気にならないことも多いです。

清潔感のある格好をしていく

風俗の面接で次に大事なのは清潔感です。風俗キャスト(風俗嬢)で人気が出るのは圧倒的に清楚系です。髪の毛は黒で男と遊んでいなさそうな子が売れる傾向が強いので、清楚系の恰好をしていればそれだけで面接に合格できる可能性が大幅にアップするでしょう。また、スカートを履いていった方がより合格率が高まるという意見もあります。

ちなみにジャージやスエットなどの恰好で行ったり、すっぴんの状態で風俗の面接にいくとだらしないと思われて合格できないことが多いです。

社会人として常識のある対応をする

 

あとは社会人として常識がある対応を心がけましょう。笑顔で明るく、相手の目を見て面接中も話していれば大丈夫です。一部の高級ソープなどではおもてなしの心などを見られていることもありますが、多くの風俗店では最低限の接客ができそうなら合格にしていることが多いです。

風俗ではお客さんとのコミュニケーションが取れなければ働くことはできません。このため、態度が悪かったり言葉遣いが悪かったり、コミュ障だと思われるとどれだけかわいくても風俗で働くことは難しいでしょう。

もしコミュニケーションが苦手な方はピンサロなどほとんど会話が必要な業種を選ぶといいでしょう。

 

コンセプトに合うお店を選ぶ

あとは、お店のコンセプトが自分とあっている風俗店を選びましょう。たとえば、コスプレ系の学園風俗でタトゥーが入っているギャルが働くのは難しいです。ほとんどのお店では清楚系の女の子は好まれますが、そうでない場合はお店のコンセプトを考えた方が面接でもうまくいくことが高いです。たとえば低身長で見た目が若く見られるなら学園系風俗、逆に高身長でギャル系なら痴女系風俗といったように、あなたに合った風俗店の面接を受けることが重要なのです。

まとめ

風俗の面接は合格率はそこまで高くありません。もちろんお店によっては誰でも合格できるお店もあるものの、普通に落ちることもあるのでいちいち気にしないようにしましょう。

ただ、ダイエットをして清楚系の恰好をして、最低限のコミュ力さえあればたいていの風俗店の面接には合格できるので、参考にしてみるといいでしょう。

参考記事:風俗の面接で落ちることはある?面接の服装や聞かれること、受かるコツを調べました。

関連する風俗求人エリア

風俗求人を探す

フリーワード検索

TOP
TOP